Home > 2014年02月

2014年02月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

またあすか

  • Posted by: ikedan
  • 2014-02-23 Sun 15:48:15
  • 未分類
またアスカ作りました。3dtotalCGHUBpixiv でそれなりに好評価でした。
ASK5_10.jpg
ASK5_11.jpg


今回新しく試したことを何個か紹介したいと思います。

・マケットの作成
ASK5_08.jpg
モデリングの試作のための雛形を「マケット」といいますが、今回、大腿部のモデルのマケットを作成してみました。
リファレンスとして非常に役に立ち、モデリングの工数を大幅に短縮することができました。
こちらがそのマケットになりますが、別に見なくてもいいです。


・AdvancedSkeletonのSlideJoints
AdvancedSkeletonという素晴らしいフリーのリグ構築ツールがあります。
ボタンをポチポチ押していくと素人でもセットアップが出来るという神ツールなんですが、
間接に補助骨を仕込むことまでやってくれます。↓

今回、肘をしっかり曲げてポージングできたのは、SlideJointsのおかげでした。


・斜めメッシュ
クロスシミュやる際、メッシュが斜めのほうが良いシワが入る場合があります。
↓ジャージのワイヤー表示はこうなってます。メッシュの流れに沿ってシワが入っているのが分かると思います。
ASK5_04.jpg
こうやって作りました。
ASK5_05.jpg
①ふつーにモデリングする。
②UVボーダー以外のエッジを選択し、Setを作る。
③Poke Face
④Setに登録したエッジを消す。

・リップキャッチ用プレーン
ASK5_06.jpg
ASK5_07.jpg
リップキャッチなんて言葉があんのかどうか知りませんが、
要するにアイキャッチ(眼のハイライト)の唇バージョンてことです。
ライト、環境の映りこみだけだと、唇に良い感じのプリっと感が出なかったので、
唇の前に映りこみ用のオブジェクトを用意してみました。


・Render Settings の Plimultiply
髪の素材をレンダリングする際、PlimultiplyをOFFに設定しました。
ASK5_01.jpg
これで何が起きるかっていうと、RGB Channel が Alpha Channel よりも太ってレンダリングされます。
ASK5_02.jpg

↓フォトショップで合成する際、マットを消さないと黒いフチが出てしまう問題があったりしますが、
ASK5_03.jpg
PlimultiplyがOFFの画像ならアルファで綺麗に抜くことができます。



毎回何かしら新しいことやって成長していきたいですね。おわり。

Index of all entries

Home > 2014年02月

タグクラウド
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。